奇跡のクラーク・コレクションを見に、三菱一号館美術館に行ってきました。
 場所が丸の内なので東京駅から普通に行こうかと思ったけど、一号館美術館は
地図的には二重橋前からが近そうなので地下鉄で。実際そんな変わらんけどね。
21
二重橋は皇居にあるので、地下鉄二重橋前の駅を上がるといきなり皇居がある。
27
 丸の内だなぁ。
23
んでこれが三菱一号館美術館、その中庭口からの写真。
17
ちなみに中庭とはこんな場所。都会のオアシス!
三菱一号館美術館の特徴としては、敷坪はあんま広くねぇってことですかね。
大都会丸の内に2010にオープンということで、そんなでかいのは無理だったと。
だから階を分けて通路で行ったり来たり(都会の美術館ではままありますが)、
展示スペースが狭い箇所もちらほら。トイレやロッカーも先に行っときましょう。
というわけでロッカーの数の確認を。

◎チケット売り場に71、そこを出てすぐ55、中庭口に80

AロッカーとかBロッカーとか書いてあったが、どれがAでどれがBかは知らん。
他の出口を見てないので、もっとあったかも。とにかくロッカーは豊富ってことです。
割とそこらにあるのですが、初めての場合は素通りしてしまうかも(俺はした)。
そして肝心のクラコレの感想はというと…うん、クラークさんルノワール好きだなぁと。
俺はミレーとかマネとかロートレックとかが見たかったんだが、
そこら辺は展示数少なく、基本ルノワールだったよね。
ルノワールなぁ、風景画とか風景の中の人物描いてる分には、
印象派の中では好きなほうだけど、女の子が可愛くないと思うんだよねぇ。
シチュエーションとか表情とかにも特に惹かれたことが無いし。
 まぁ、印象派とかポスト印象派とかなると、ゴーギャンとかゴッホとか、
なんかマジよく分かんねぇってのもあるからね。それよりは。
『クラークコレクション』でクラークさんがルノワール好きだったんだから、
この結果もやむなしと言ったところか。というか先立ってもっと勉強しとけば、
これはある程度予測出来たことだった気も…
33

そして階段好きなので、階段の写真を撮ってきた。
最も好きなのはこのように採光のある明るい吹き抜けの階段です。
26
 俺が画家だったら、階段の絵を定期的に描いただろうね。
画家じゃないから全然描かないけど。 
そして階段(とクラコレ)を堪能したところで、銀座に歩いて移動。
 目当ては日本一当たるチャンスセンターと言われる、
西銀座チャンスセンターに宝くじを買いに!
元々宝くじなんて買わないんだけど(理由:だってアレ高いから)、
最近どうにもツイてないから、運が下降気味の時に宝くじ買うと
当選発表ぐらいの時には上昇してるからイイヨ!ってテレビかなんかで。
銀ブラなぞ一切せず、売り場に一直線。しかし場所を間違えて、
結果的に結構歩き回って少しも楽しくない銀ブラを決行。
チャンスセンターに到着した時には、昼の3時回ってました。
しかも行ったのは仕事が休みだったので金曜だったんですが、
んでも、売り場には行列が!平日の3時に!さすが日本一!!
しかし列になってるのはそこの中でも一番売り場だけらしく、
他の窓口ではすぐに買えますとのこと。
でもせっかくだから並ぶか~、と並びました。
並ぶ間、昼飯食ってなかったのでスマホで検索。
お多幸(銀座)、或いはブルガリア料理の店(八重洲)とかが気になったんですが、
もう銀座まで来てるし、美術館→銀座(迷子時間込み)と休憩無しで
これ以上歩きたくないしで、断念。いつかリベンジを。
そいで待ち時間10分くらい?で宝くじを買えました。バラと連番10枚ずつ。
こんなんで6,000円とか、高っけぇな!
その後帰る道すがらマックでアイダホバーガーを買って、
メシ的には満足感の無いままその日は終わりました。
しかしこの西銀座チャンスセンター、今更ながらグリーンジャンボも当たるのかしら?